※原型はアメリカ陸軍が制式名称M1941ウールニット帽
(Cap, Wool, Knit, M1941)として支給していたもので、
かつてはウール製が主だったが、
現在はアクリル製が多い。
スケートボーダーの間ではしばしばスカルキャップ(Skull cap)とも呼ばれる

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です